かわだや「かわら版」

かわら版115号

かわだや かわら版

【ご挨拶】

かわら版愛読者の皆様、こんにちは。
代表の河田です。

季節は春!
なのですが、いつもの年とちょっと違い、公園などにお花を見に行ったりショッピングに出かけたりと「春を満喫」とは
いかずにご自宅で過ごす時間が多くなっているのでなかなか晴れやかな気分になれないかもしれません。
しかし、もう少しみんなで頑張って来たるべき時へ向けて元気をためていきましょう!

【活躍!】

我が社にもついに女性の職人が誕生しました!

これからは女性も活躍できる
環境を整えて元気よく明るい会社を目指していきます!

・・・というニュースをかわら版に書く日を目指します。
写真は長女がアルバイトで手伝いに来た時の写真です。
長女曰く、「月に1回くらいでいいや」とのことでした。「二度と行きたくない!」と言われるよりましかな。。。(;^_^
でも、本当に女性も活躍できるようにしていきたいです。

【4冊読みました!】

いつも行っている書店が休業中の為、今年度の本屋大賞作品はまだ購入できていませんが、先月、ひと月足らずの間に4冊読むことができました。
「店長がバカすぎる」・「ルポ川崎」・「首都感染」・「TUNAMI」。
中でも特に「首都感染」は、ある時、中国のとある農村で致死率60%以上の強毒性インフルエンザが発生しているにもかかららず、開催中のサッカーWCが終わるまで発表せずに封じ込めようとしたのが災いとなり、それぞれに帰国した国々で広まってしまう。それでも日本はなんとか食い止めようとするが…というようなあらすじで、封じ込め対策や感染予防など、現在直面している新型コロナウイルスで起こっていることに類似している所が多いので、ゾクッとしてしまう内容です。
これを著者の高嶋哲夫さんは何年も前に書いているので、予言者ではないか!?と思ってしまうほどです。
そして「TUNAMI」も東日本大震災の数年前に書いていました(・_・;)
高嶋作品にはまってしまった私は、今「富士山噴火」を読み始めています。予言とならず永遠に「フィクション」であることを切に願います。。。
ペンネーム よしろー

【サクマのいちごみるく】

先日、小6の息子が8針縫う怪我をしました。病院で「縫う」と聞き、痛いのと怖いのとで泣いて大騒ぎでした。シーツでぐるぐるに巻かれ4人がかりで押さえつけて麻酔をうってもらいました。麻酔が効きはじめ少しずつ落ち着きを取り戻し、処置を終わらせることができました。
本人も大変な経験でしたが、私も怪我をしたと聞き駆けつけ、その傷を見て腰が抜けそうになりました。急いで病院へ行き、暴れる子供を押さえ・・・終わった頃には心身共にヘトヘトでした。
帰りがけ、病院の駐車場の方が「たいへんだったね、お疲れさま」と三角のイチゴのアメをくださいました。「このアメはね、50年も前からずっとあるんだよ」と。
優しい気遣いと懐かしい味が、体中の緊張を溶かしてくれました。「ありがとうございます。癒されます」とお礼を言うと「病気のひとも大変だけど、お見舞いに来る人たちだって大変なんだよ。気を付けて帰ってね」と声をかけてくれました。
優しい心遣いにうるうるしながら帰路につきました。
ちょっとした心遣いで人の心はこんなにも和らぐんだなと、改めて言葉の大切さが身に染みた一日でした。

ペンネーム わかめ

【STAY HOME】

新型コロナウイルスの影響で不要不急の外出自粛をして1か月以上。
我が家の息子2人もストレスが溜まってきているのか、イラッとしてたり、ちょっとしたことでけんかになったりしています。
そこでSTAY HOMEを家族で楽しめるものは無いか?と日々考えてネット検索しています。
我が家で盛り上がったひとつは、絵心対決です。ひとりがお題を出してみんなで絵を描きました。なかなか個性が出て面白かったです。
盛り上がったもうひとつは、手作りピザ作りです。
薄力粉とヨーグルトあとは塩・オリーブオイルを混ぜて、生地を平らに伸ばすだけ。
子供でも簡単に作れます。上にのせる具は、お好みで。
簡単なのに美味しくできます。お試しあれ!

ペンネーム せっちゃん

【貯蓄よりも】

3月から4月にかけて、おかげ様でたくさん貯蓄をすることが出来ました。

本来であればこのまま貯め続けることになるのかもしれませんが、私としては貯めた分を思い切って消費したいと思います。
しかし、今は思うように出歩けないので、なかなか使いきれませんが、貯めこんだ400万㎎のfatを今月中に何とか…

ペンネーム よしろー

PAGE TOP