外壁塗装

外壁塗装がなぜ必要か?

外壁塗装がなぜ必要か?

外壁は紫外線や雨風に晒されて日々ダメージを蓄積させています。
劣化が酷くなると塗膜が剥がれるだけでなくヒビ割れを起こすこともあります。
むき出しになったボードが雨水を吸収し、カビや腐食の原因にもなります。

新築から約10年ほどが外壁塗り替えの目安と言われています。しかし、実際には15年以上経っても放置されている住宅は少なくありません。
外壁は紫外線や雨風に晒されて日々ダメージを蓄積させています。
劣化が酷くなると、塗膜が剥がれるだけでなくヒビ割れを起こすこともあります。するとむき出しになったボードが雨水を吸収し、カビや腐食が発生してしまいます。

劣化を放置するとトラブルはやがて建物全体にまで広がります。大規模な改修、リフォームや建て替えなど、金銭的な負担にも繋がります。
メンテナンスと塗り替えを10年に一度は行い、大切なお住まいを守りましょう。

定期的に塗り替えをしていると、コンディションの良い状態を長く保てるので
長期的な費用削減につながります。

外壁塗装の目的

建物の劣化を予防

建物の防水性を維持し雨漏り予防

景観を美しく保つ

改修費用の削減

こんな症状が出たら塗り替えの時期

塗装の剥がれ

空気中の汚染物質(紫外線・排気ガスなど)の影響で塗膜表面が劣化し発生します。

外壁のひび割れ

壁材や塗膜の経年劣化・乾燥・構造的な欠陥 など、様々な要因で引き起ります。

チョーキング

塗膜表面が劣化し、塗膜が粉状になって消耗していく現象。

カビ・藻の発生

日当たりの立地条件・防水効果の低下などが考えられます。

PAGE TOP